トップ > 「歌舞伎座こけら落とし興行」7月が楽しみです

「歌舞伎座こけら落とし興行」7月が楽しみです

歌舞伎座のこけら落とし興行は2か月目に入っています。
4~6月の3か月は坂田藤十郎をはじめ、当代の名優たちがそれぞれ、極めつけの当たり役を演じ、脇も最高の配役でかためる、という形式です。
とにかく大人気で、チケットは入手困難。
残念ながら私はまだ歌舞伎座の外観しか見ることができないでいます。
ところで先日、7月と8月の興行内容が発表になりました。
7月は市川染五郎、尾上松緑、尾上菊之助、片岡愛之助を中心とした「花形歌舞伎」。
顔ぶれも魅力的ですが、演目がすばらしいんです。
特に夜の部は「東海道四谷怪談」の通し上演。
菊之助のお岩、染五郎の伊右衛門、松緑の直助権兵衛という好配役です。
私は「四谷怪談」という芝居が大好きで、これまでいろいろな配役で見てきました。
主役の「お岩さま」は、最近では玉三郎や亡き勘三郎が当たり役にしていますが、もともとは「音羽屋」の家の芸です。
けれど、江戸時代の初演以来尾上菊五郎家の、いわば「十八番」でありながら、当代菊五郎は「お岩さま」を手がけていません。
私はそれを残念に感じていました。
どうやらご本人にその気がないらしいな、と思っていたところに、その跡継ぎの菊之助が初役で演じる、との知らせ。
音羽屋びいき、菊之助ファンの私にとってはまさに、「待ってました」というきぶんです。
なにがなんでも7月公演の前売り券をゲットして、新しい歌舞伎座と、念願の「音羽屋のお岩さま」を見に行くつもりです。
いまからわくわくしています。

ブレイクスタイル(Break Style)の社名の由来は、古く凝り固まった慣習や常識、過去の成功事例を盲信せず常に壊し続ける意識を持つことで大きく飛躍すべきであるという考えに基づいています。
一瀬翔

前の記事 | 次の記事

関連記事